pagetitle

2011′ ASTON MARTIN RAPIDE AVIC-VH0099 インダッシュ埋め込み☆

こんにちは!オーディオ担当の佐藤です。

最近はすっかり暖かくなりましたが、昼間と夜の温度差が大きいので、くれぐれも風邪等にはお気をつけください♪
そして早速、今回ご紹介させて頂きます車両はこちら!!

IMG_1792

2011’ ASTON MARTIN” RAPIDE”です。

こちらの車両、自社輸入のドイツ並行になります。

純正NAVIGATION搭載車両なのですが、もちろん日本では対応できかねるので、日本で使えるようにする為、いくつかNAVIGATIONをインストールする手段があります。

そこで今回は、当社一押しの、”インダッシュ埋め込み”でいきます!

まず、こちら純正の状態です。センターパネルの切れ目が入っている所がモニターで、電動開閉します。

110_901392

早速分解!パネルだけにして、1DINサイズが入るよう加工します。
さすがASTON MARTIN、パネルがアルミ製です。しかも結構分厚いので、なかなか削れません(汗)IMG_1784IMG_1781

そして1DINサイズのBOXを作成、MDF、パテで成形していきます。

今回はペイント仕上げですので、一切の気泡も許されません。

IMG_1774

研磨、成形と繰り返している間に、アンサーバックのLOCK音取り付けです。

007仕様です!

IMG_1771

塗装を終えて、フィッティング確認です!ばっちりですね!

IMG_1765

そんなこんなで、仕上がりました!ピアノブラック仕上げです!
モニターの角度もぴったり水平です!

IMG_1758

ヘッドレストモニターも連動です!HDDのユニットは助手席足元に。

できるだけ邪魔にならないよう、グローブボックスとギリギリ干渉しない位置にセットしてあります。

ETCはグローブボックス内へ。

IMG_1769IMG_1768IMG_1770

バックカメラも取り付けました。RAPIDEはリアが見にづらいですが、これでバックも安心です。
地デジも感度良好!

 

IMG_1749 IMG_1752 IMG_1755 IMG_1759

 

こんな感じで完成です!

こうやって見るとすんなりいっているように見えますが、細かい所で色んな格闘があります。

大掛かりな作業ですが、実際’乗る’という事を考えると、断然こちらの方が快適ですし、今回も出来るだけ純正の雰囲気を崩さないよう、心がけて施工させて頂きました。

ASTON MARTINのNAVIGATIONでお悩みの方はぜひAGまで、よろしくお願いします!

2013’HIGHLANDER US Pioneer AVH-4000NEX  ”Apple Car Play”

こんにちは!オーディオ担当の佐藤です。

先月と比べると、かなり暖かくなってきまして、過ごしやすくなってきました。

寒いと、手先が思うように動きませんので、ありがたいですw

今回ご紹介させていただくお車はこちら!2013’TOYOTA HIGHLANDERです!

IMG_0822

純正の状態がこちらです。

IMG_0821

これに今回はUS PioneerのAVH-4000NEXをインストールし、”Apple Car Play”を導入致します。

かなりマニアックな内容になりますが、Appleフリークの方にはたまらない仕様になります!

今回は、お客様のご要望で、できるだけ純正の雰囲気を損なわないようにとの事でしたので、社外のフェイスパネルは使用せず、純正パネルを加工して取り付けます。

研磨、塗装を施し、両サイドのパネルを制作しました。

いい感じです!

IMG_0827

そして仕上がりがこちら、めっちゃ純正ですね!

 

IMG_0832  IMG_0831

そしてここからもういっちょいきます。

この機種は、そのままではCar Playは使用できませんので、データをダウンロードし、アップデートします。

IMG_0826IMG_0823

すると、こんな感じでメニュー画面が表示されます。

あとは、Phoneを操作するような感じでコントロールできます。

オーディオのコントロールはもちろん、動画の再生、電話、メッセージのやりとり、NAVIGATIONに関しましては、”Siri”が受付してくれますので、喋るだけで目的地設定できます。

ユニットはUSですが、Car Play使用時は各メニュー等日本語で表示されます。

IMG_0829  IMG_0828

もちろん、純正バックカメラも連動です。

IMG_0830

こんな感じで、かなりAppleぎみなシステムのご紹介でした!

すごく面白いシステムですが、くれぐれも運転中の直視操作はお控えください!w

まだまだこうゆうシステムも進化していきますので、我々も日々勉強していかねばと、思います!

今回のシステム、”Car Play”に関して気になる点等ございましたら是非お気軽にお問い合わせください!

2006′ BENTLEY ContinentalGT ポップアップナビ埋め込み

こんにちは!オーディオ担当の佐藤です!

有難いことに、バタバタした日が続いており久しく更新できておらず、申し訳ございません!

本日はこちらのお車、2006′ BENTLEY ContinentalGT です!

IMG_1328

 

純正の状態がこちら、2006’なので、やがて10年前の車なのですが、その年数を一切感じさせないフォルムと、内装のデザインに関しましても、非常にクイリティの高い車ですね!

こちらの車両、ディーラー純正のNAVIGATIONが付いていますが、使い勝手がよろしくないとの事で、今回はセンターのメッシュ部分にPanasonicのZ500Dを埋め込みます

IMG_1326

早速分解、各寸法を計算し、メッシュ部分にMDFでぴったりベースを作成、パテで成形していきます。

IMG_1323

研磨、パテ盛りを繰り返し、サフェを吹いて仕上がり確認です!

回はマット塗装仕上げですので、小さな気泡も許されません!!

IMG_1287

 

そしてようやく完成です!

光の反射でツヤがあるように見えますが、バッチリ、マット仕上げです!!

 

IMG_1386

塗装の間に各ワイヤリングを施し、Z500Dの本体は、グローブボックスにインストール致しました!

 

IMG_1379IMG_1377 IMG_1373

こんな感じでスッキリインストールできます!

最近この手法のお問い合わせを多く頂いております。

他のインストール方も、色んなやり方がありますので、ぜひAGまでよろしくお願いします!

 

2015’TOYOTA SIENNA ☆サイバーナビ☆

こんにちは!オーディオ担当の佐藤です!

今回ご紹介させて頂きます車両はこちら!

2015’TOYOTA SIENNA

IMG_0653

マイナーチェンジにより内装も、パネルがレザー仕上げになっていたりで、いい感じになっております!

純正デッキが9inくらいのワイドになっており、まだフェイスパネル等発売されておりませんので、現物合わせで作成していきます!

早速バラし、各電源、スピーカーライン、純正バックカメラの回路を分析し、サイバーナビに映せるように加工します。

IMG_0640

まとまったところで、フェイスパネルの作成です!

今回は、なるだけ純正の雰囲気を崩さぬよう、自然な感じに仕上げます!

まずパネルを切り出して~、ハイ!ぴったしです!

IMG_0643 IMG_0641

久しぶりの塗装です。

仕上げにつや消しクリアを吹きます。このつや消しクリアを吹くか吹かないかでかなり仕上がりが変わるんです!

IMG_0645

出来上がりがこちら!純正仕上げです!色見、形状共によくできました!

IMG_0650  IMG_0652

フリップダウンモニターも付けて完成です!

IMG_0654

これで後部座席の方も快適なドライブが楽しめますね!

ワンオフ加工等のご相談も、AGまでよろしくお願いします!

☆2015’東京オートサロン☆

こんにちは!オーディオ担当の佐藤です!

今日は幕張メッセで行われている、東京オートサロンに行ってきました!

各ブース盛り上がっており、非常に活気がありましたので、その模様をアップさせていただきます。

IMG_0495 IMG_0498

こちらメルセデスのG63AMG6×6!!

圧巻の一言です。抜群のインパクトがあります!

各タイヤにエアタンクが装備されており、オフロード走行時は空気圧を下げて走破性をアップさせ、オンロードに出たらエア注入を車内から操作できるシステムでしょう。

IMG_0513 IMG_0514 (2)

肝心のオーディオカスタム車両は少なかったのですが、カスタムされている車はどれも個性があ

り、いい感じの仕上がりでした!

IMG_0522IMG_0518 IMG_0519 IMG_0520 IMG_0521

こちらのエンツォ、なんとエアサス装着されてありました!

IMG_0538

こちらレーダー探知機のASSURAでおなじみ、セルスターさんです!

IMG_0552 IMG_0553

そしてペイントに関しまして、数年前のSEMAでも感じた事ですが、やはりマットが多かったように思います。

特にスーパーカーはマットホワイトやダーク系でのマット等、非常に渋い感じでした!

IMG_0558 IMG_0559 (2)

こちらハイエースに14Jのアルミをインストールされていました。

ハイエースに14Jということは、相当な加工が必要だと思いますし、リアのデフもゴツいパワフルな物がついていました。

こういう加工、流用もうまくやる事でカスタムの幅が広がりますね!

IMG_0564 IMG_0567

そしてこちら、オーディオ関係です!

こちらGROUND ZEROとRockfordで組んでありました。飛び出るアンプが面白いですね!

IMG_0572 IMG_0573

いつもお世話になっているイースコーポレーションさんのブース、各車両、インストールの仕方やシステムの組み方等、さすがでした!

IMG_0577 IMG_0578 IMG_0579 (2) IMG_0580 (2) IMG_0581 (2) IMG_0582 (2) IMG_0583 (2) IMG_0584 IMG_0585 IMG_0586 IMG_0587 IMG_0588 IMG_0589 IMG_0590 IMG_0591 IMG_0592 IMG_0593

びっくりしたのがこのアストロにインストールされていたRockfordのアンプ、T15kw!
デカいの一言です!なんと15000wのハイパワーに81kgという重量級です!

IMG_0600IMG_0595 IMG_0597 IMG_0598 IMG_0599

最後はこちらアルファード、T5652-Sをルーフに敷き詰めてありました!

ホワイトで統一感があり、いい感じですね!

IMG_0605 IMG_0602IMG_0608 (2)IMG_0603 IMG_0604  IMG_0606  IMG_0609

こんな感じで、電装メインにご紹介させていただきました~!

テクニカルセンターも気合いを入れて、精進していきます!!